学習障害(LD)への援助

学習障害(LD)そのものへの援助

1)聞くことが困難な子どもには

・用心を促してから話しかける。
・音声だけでなく、動作や絵や文字やらなんやらの視覚情報をいっぺんに提示する。
・同じ発音の単語でも様々な意味があることを知らせる。
・ややこしい言い回しを使わんと、ゆっくりと話すぇ。
・話を聞く時のルールや姿勢を具体的に確認する。

2)話すことが困難な子どもには

・自由に話せる雰囲気をつくる。(せかさず待つ・シッパイを許容する)
・本人が表現したいと思っていることをくみ取り、言語化する。
・話しやすい身近な話題を取り上げる。
・話す内容の順序や構成等を文字や図で示すぇ。
・話すことへの抵抗を取り除き、人と話をする時のマナーを確認する。

3)読むことが困難な子どもには

・文字を大きくしたり、間違えやすい文字にラインを引いたりして着目させる。
・他の行を隠すやらなんやらして、その行に着目しやすくする。
・ふりがなをふったり、いっぺん読んであげたりする。
・子どもが、興味・関心をもつともる内容を提示する。

4)書くことが困難な子どもには

・目と手の協応運動能力を向上させるため、なぞり書きから始めて、徐々に視写できるようにする。
・辞書を使って漢字を調べさせたり、ワープロを活用させたりして、書くことへの抵抗感を少なくする。
・文に書きたいことは、まず話すことを通して内容を整理し、順に短冊に書いて並べ、作文や日記を書くようにする。

5)計算やらなんやらが困難な子どもには

・身近にある具体物や半具体物を使って数字と対応させ、数の合成・分解が確実にできるようにする。
・計算の手順を書いたボードを作って計算する時に示すぇ。
・筆算の場合は、繰り上がった数字等を書きとめておくようにさせる。
・空間の認知に問題のある子どもは、マス目を使い桁をそろえる工夫をする。
・図や絵をかいて、問題を視覚的にとらえさせたり、計算機を活用したりする。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。