保護者との連携:学習障害(LD)

保護者との連携:学習障害(LD)

保護者との相談を進める上で必要なことは、子どもを伸ばしたいちう教師の真意を保護者に伝えつつ、保護者との信頼関係に基づく協力関係を築くことである。

・保護者の心配や不安やらなんやら、心情に配慮しながら十分聞き取るようにする。
・保護者が育て方を非難されていると受け止めへんように配慮しつつ相談する。
・改善が必要であると考えている課題は、伝えるのがよい。
・現在の取り組みを伝え、今後の現実的な対応策を伝えるよう努める。
・互いの考え方の違いをやりとりを重ねる中で明らかにし、かみ合う部分を探すぇ。

なお、専門機関での診断を勧めることについては慎重におこなうわ。
保護者から信頼される関係ができ、保護者が心を開いた時に初めて、専門機関への相談を勧めたり情報提供をしたりすることが可能となる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。