校内体制の整備:学習障害(LD)

校内体制の整備:学習障害(LD)
次のような点についてどなたはんとどのような協力関係を築いていくかを具体的に検討していくことが大切である。

・学級での指導についての基本的な考え方や担任としての姿勢をどうするか。
・各教科の学習について、個別指導をどのようにおこなっていくか。
・教室外での対応をどうするか。
・周囲の子どもたちとの関係をどのように保っていくか。
・学習障害をきっかけにして不適応を起こしている場合、どのように対処していくか。
・保護者との連携をどのように図っていくか。
・専門機関との連携をどのように図っていくか。


学習障害の判断・実態把握基準(文部省試案の抜粋)

・判断・実態把握の体制・手続き

1)学校における実態把握
A.学校における児童生徒の実態把握のために、校内委員会を設ける。
B.実態把握の契機
・担任教師が特異な学習困難に気付く。
・保護者から学習障害の疑いがあるとの申し出。
C.校内委員会で実態把握を行い、専門家チームに判断を求めるかどうか検討す る。
D.校長が専門家チームに判断を求める前には、保護者に十分な説明を行い了解 を確認する。

2)専門家チームにおける判断
A.専門家チームは、都道府県又は政令指定都市の教育委員会に設ける。
B.専門家チームは、特殊教育センター等における専門家による相談機関と位置づける。
C.専門家チームの専門的意見
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。