学習障害LD

学習障害LDの解説
医療情報に関する用心:ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談しておくんなはれ。
免責事項もお読みおくんなはれ。

学習障害(がくしゅうしょうがい、Learning DisordersLearning Disabilities LD)は、複数形で表記されていることからも分かるように、単一の障害ではなくさまざまな状態が含まれる。
医学、心理学、教育学の分野にまたがって研究が進められ、それぞれで若干能書きが異なっている。
バランス感覚を欠き、身体の協調運動の困難を合わせ持つ子も多いため、リハビリテーション医学の分野でも研究が行われている。

本朝では旧文部省が1999年、学習障害LDを定義している。すなわち、  
「学習障害LDとは、基本的には全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態を指すものである。学習障害LDは、その原因として、中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害やらなんやらの障害や、環境的な要因が直接の原因となるものではおまへん。」

また、アメリカの連邦合同委員会が出した定義もよく知られている。
「学習障害LDとは、聞き、話し、書き、推理する能力、算数の能力を取得したりするのが著しく困難な、さまざまな問題群の呼び名である。そのような問題は、生まれつきの中枢神経の働きの障害によるものと考えられる。 学習障害LDは、他のハンディキャップ(たとえんすれば、感覚の障害、精神遅滞、社会性や情緒の障害やらなんやら)や不適切な環境(文化的な違い、望ましくない教育やらなんやら)からも生じるが、そのようなハンディキャップや環境から直接生じるものではおまへん。」(1981年 学習障害LDに関する連邦合同委員会報告)
文中の「精神遅滞」は今日では一般に知的障害と呼ばれるものであるが、原文通りに訳したぇ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。