LD学習障害の定義カテゴリの記事一覧

LD学習障害

LD学習障害の例やらなんやら

学習障害ちう言葉は、英語のlearning disabilities(LD)を訳したものだちうが、
そもそも「disabilities」は、「無能力」の意味であり、「障害」ちう「病」的な意味はない。

本朝での「学習障害」は、一種の「病気」だと考え、教室、学校運営の障害となるちう意味合いが、裏に強く感じられてしまうわ。
文部省、教育委員会、学校、親、家庭での、教育にはらむ問題を横道にそらすために、

一方的に、「障害」「病気」扱いして根本的な問題から逃げて考えている節が感じられる。
「学習障害」(前記、中間報告書)の定義では、「中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが…」とし、もつとも事例が多いと思われる軽度の「学習障害」よりも狭義の解釈、重度の高い学習障害を定義している。
タグ:LD学習障害

LD学習障害の定義

LD学習障害の定義
【LD学習障害の定義】(「学習障害児等に関する指導について(中間報告)」(1995年3月27日付)  
LD学習障害とは、基本的には、全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する、推論するやらなんやらの特定の能力の習得と使用に著しい困難を示す、様々な障害を指すものである。
LD学習障害は、その背景として、中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが、その障害に起因する学習上の特異な困難は、主として学齢期に顕在化するが、学齢期を過ぎるまで明らかにならへんこともある。  

LD学習障害は、視覚障害、聴覚障害、精神薄弱、情緒障害やらなんやらの状態や、家庭、学校、地域社会やらなんやらの環境的な要因が直接の原因となるものではおまへんが、そうした状態や要因とともに生じる可能性はある。
また、行動の自己調整、対人関係やらなんやらにおける問題がLD学習障害に伴う形で現れることもある。


学習障害〈LD〉

 @学習障害の定義(文部省)

 学習障害とは、基本的には全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態を示すものである。
 学習障害は、その原因として、中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害やらなんやらの障害や、環境的な要因が直接的な原因となるものではおまへん。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。